浦上陽子の学歴が判明「頭は良いが口が悪い」学生時代から周囲と衝突の日々

私立双葉保育園 園児置き去り事件

福岡県中間市にある私立双葉保育園の浦上陽子園長は、園児をバスに置き去りにした上、熱中症で死亡させました。極悪非道な浦上陽子園長の学歴が話題になっています。

この記事では大学卒業の学歴を持つという浦上陽子の学歴について詳しく見ていきます。

浦上陽子の小・中学校時代「頭は良いが口が悪い」

浦上陽子の学歴は小学校から始まります。週刊文春の記事によれば、浦上陽子は小学校時代からとても優秀だったと言います。浦上陽子の小中学校時代の友人の証言です。

小学校の頃、作文で賞を獲るなど、頭は良かった。ただ相手が言われて嫌なことも、オブラートに包まず口にしてしまうので、よく思わない子もいました

出典:週刊文春オンライン

浦上陽子は園児を虐待するだけでなく、同僚の保育士を「ほんと頭悪いなー、使えない!」と平気で罵倒するような女性です。

「三つ子の魂百まで」とはよく言いますが、自分と合わない人間がいると徹底的に罵る癖は小中学校時代からあったと考えられます。

また文春の記事によれば、浦上陽子について証言した友人は小学校と中学校の同級生。浦上陽子は福岡県中間市にある地元の小中学校に通ったと考えられます。

浦上陽子の母親である浦上やす子は、社会福祉法人新生会の事務所を「中間市中間2-3-10」と双葉保育園のすぐ近くに置いています。
私立双葉保育園は浦上一族経営で、浦上陽子が独身であることも踏まえると、浦上陽子の自宅も周辺にあると考えられます。

私立双葉保育園と新生会事務所から500mの地点には、中間市立中間東小学校があります。浦上陽子の出身小学校の最有力候補です。

urakamiyoko syougakkou
nakamahigashisyougakkou syashinn

浦上陽子の母校として有力な中間市立中間東小学校は、女子卓球日本代表の早田ひなさんの母校です。浦上陽子とは全く関係ない方ですが、問題だらけの浦上園長と同じ学歴を持っているとすると早田ひなさんにとっては迷惑な話ですね。

nakamahigashisyougakkou kuchikomi
早田ひなさんが卒業した学校

また、浦上陽子が住まいがあると想定される中間市中間2丁目は、中間市立東中学校の学区です。 中間市立東中学校が浦上陽子の出身中学校の最有力候補と言えるでしょう。

urakamiyoko tyuugakkou
urakamiyokonocyuugakkou
higashichugakkou syashinn

先ほど登場した早田ひな選手も、浦上陽子の母校である可能性が高い中間東中学校の出身です。早田ひな選手は中間東中学校時代、日本代表の伊藤美誠選手を破って全国制覇を果たしました。

hayatahina nakamahigashichu

早田ひなにとって、浦上陽子の住む中間市は思い出の地。自らの学歴のルーツとなる場所で浦上陽子が園児を虐待し、さらには死に追い込んだとすると、早田選手も心を痛めることでしょう。

作文で賞を取るなど優秀だった半面、周りとの衝突が絶えなかった浦上陽子。浦上陽子もその後も、ことあるごとに周囲と衝突していきました。

浦上陽子の高校時代「口が悪く人を馬鹿にしていた」

浦上裕子の次の学歴は高校進学です。浦上陽子の出身高校は現在調査中ですが、浦上陽子の地元である福岡県中間市には、中間高校(なかまこうこう)という高校があります。

urakamiyoko koukou

中間高校の偏差値は53で頭脳的には「中の中」。偏差値が大きく変わる可能性は低いと考えると、浦上陽子が高校生だった約30年前も偏差値は同じくらいと考えられます。

浦上陽子は頭が良く、周りを馬鹿にするような女です。偏差値的に真ん中の中間高校が浦上陽子の出身高校である可能性は低く、もっと偏差値の高い高校でしょう。


出身高校については調査中の一方、浦上陽子の高校の知り合いと称する女性から浦上陽子に関するタレコミが寄せられました。情報提供ありがとうございました。

浦上陽子の知り合い
浦上陽子の知り合い

浦上陽子の高校時代の知り合いです。今回の事件を見てあまりにもひどいと思いコメントいたしました。浦上陽子は当時から、自分が正しいと思うと絶対に曲げない人間でした。口も悪く、よく人を馬鹿にしていたことも覚えています。あんな人が子供と接する仕事をしてたなんて本当にありえないです。

小中学校でも難しい性格で有名だった浦上陽子。高校時代も相変わらず、コミュニケーションに難を抱える女性だったようですね。

頭がいいけど人を罵倒する人間と言えば、豊田真由子が有名です。浦上陽子も豊田真由子ばりに、「このハゲ!」などと平気で言っていた可能性は大でしょう。

toyodamayuko

浦上陽子の大学時代「将来は先生になる」

浦上裕子は高校卒業後、大学に進学しました。浦上陽子は大卒の学歴を有したうえで、颯爽と社会人デビューする予定だったのでしょう。

浦上陽子の出身大学を調査すると、北九州大学に浦上陽子が在籍していたという情報を発見しました。

urakamiyoko daigaku
出典:1995年北九州市政だより
<北九州大学って最高!> 
文学部英文科4年生 アットホームな雰囲気が最高 浦上陽子さん

私は将来、先生になるために、教職課程を専攻しているんですが、北九大で学べてほんとに良かったと思います。
小さい大学だからこそ、マンモス大学にはないアットホームな雰囲気があると思います。それに、授業も一人ひとりの顔が見える少人数教育ですから、とても分かりやすいですね。

北九州大学は現在の北九州市立大学です。浦上陽子が所属していた文学部の偏差値は約60。浦上陽子が所属していたのは25年ほど前ですが、優秀な大学と言えます。

urakamiyokonodaigaku

また、浦上陽子の出身大学と考えられる北九州(市立)大学は、浦上陽子の実家がある中間市から15kmほどの距離にあります。浦上陽子の実家からも十分通える距離です。

urakamiyokonodaigaku basyo

浦上陽子のインタビュー記事は1995年のもの。1995年で大学4年生(21歳か22歳)ということは、浦上陽子は現在46, 7歳と考えられ、「40代の園長」という報道情報とも一致します。

浦上陽子のインタビュー記事には、「教職課程を専攻している」との言葉があります。浦上陽子の実家は保育園なので、浦上陽子も「教育」に対して何らかの信念があったと考えられます。

ただ人間的に問題大ありだった浦上陽子。ドラマの「女王の教室」ではないですが、浦上陽子は教師になって、生徒たちを自分の支配下に置く予定だったのでしょうか?

amamiyuki

浦上陽子は大学卒業後、結局実家の双葉保育園の事務員になりました。大卒という学歴を持ちながら事務員に甘んじる浦上陽子。あまりにトゲトゲした性格故、身内以外に引き取り手がなかったのでしょう。

生徒を支配下に置く夢は幻となりかけた浦上陽子。しかし、双葉保育園の園長だった浦上陽子の叔父が脳溢血で倒れると、浦上陽子は30代にして私立双葉保育園の園長に抜擢されます。

「馬鹿な園児や保護者を徹底的に教育してやる!」

常日頃から人を見下していた浦上陽子。人の上に立ってはいけない人間が組織のトップに立つことほど恐ろしいことはありません。

園児や職員に対して恐怖政治を敷いた浦上陽子園長。浦上陽子園長の悪事の数々や家族の愚行については、以下の記事で詳報しています。

浦上陽子のFacebook顔画像「浅野〇子似の小ぎれい美人」虐待で歪む口元

浦上陽子の家族「虐待上等の女性だらけ」保育園の現場はボロボロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました