花森弘卓の家族「カワイイ息子を溺愛」相次ぐ早世に毒殺説浮上

白金高輪駅硫酸事件

サークルの後輩に硫酸をかけたとして、花森弘卓(はなもりひろたか)容疑者が逮捕されました。花森弘卓(はなもりひろたか)には父親や母親がおり、仲が良かったと言います。

この記事では、花森弘卓(はなもりひろたか)の家族について記載していきます。

花森弘卓の家族構成

花森弘卓家族の細かい説明に入る前に、まずこれまでに分かっている花森弘卓の家族について整理しておきます。以下が花森弘卓の家族構成です。

hanamorihirotaka kazokukousei

花森弘卓は父親と母親の3人家族。花森弘卓の父親と母親はともに、花森弘卓が学生の時に亡くなっています。家族がいなくなった花森弘卓の面倒を見たのが、花森弘卓の叔父です。花森一族は地元静岡では名士として名を馳せていたので、叔父は花森弘卓の父親の血縁者と考えられます。

その他報道では、花森弘卓の親族と言われる人物が登場します。花森弘卓の親族が、花森弘卓の父親や母親とどう関係していたのかについては、情報が得られ次第追記してまいります。

花森弘卓の父親「地元で有名な整体師」

まずは花森弘卓家族の大黒柱にあたる、花森弘卓の父親から見ていきます。

<花森弘卓の父親>
・氏名:花森?
・年齢:不詳(7年ほどまえに死去)
・職業:整体師

週刊文春やその他の媒体によれば、花森弘卓の父親は「医療関係者=整体師」だったとのことです。しかし7年ほど前、花森弘卓が大学に入学する時期に不幸にも亡くなってしまいました。

父親は地元では有名な整体師だった
7年ほど前に父親が病気で亡くなったと聞いています。
出典:週刊文春オンライン

花森弘卓の父親はどんな人物だったのか。「花森、整体師、静岡」で調べていくと、花森弘卓の住まいと同じ静岡県静岡市葵区に「花森研究所」という整体院がありました。

花森研究所はかつてブログを運営しており、6年前に更新が止まっています。花森弘卓の父親と断定できませんが、整体師の写真も掲載されていました。花森弘卓の父親か確定ではないため、モザイクをかけて掲載いたします。

hanamorihirotaka chichioya

花森弘卓の父親の可能性がある男性は「眉毛の太い優しいおじさん」。髪の毛は寂しいものがありますが、眉毛が太いという点は花森弘卓と共通しています。芸能人に例えると、花森弘卓の父親と思しき男性は大和田獏と温水さんを足して2で割った印象です。

花森研究所によると、花森弘卓の父親の可能性がある整体師は宇宙物理学などを研究していたとのことです。患者に痛みを伴わず、自然回復力を高める手法は、穏やかで優しく、短時間で済むのが特徴でした。

hanamorihirotaka chichioya kennkyuu

花森研究所と花森弘卓ら家族との関係性については継続調査し、追記してまいります。

花森弘卓の母親「可愛い息子を溺愛」

続いては、花森弘卓家族の紅一点である花森弘卓の母親について見ていきます。

 <花森弘卓の母親> 
・氏名:花森?
・年齢:不詳(数年前に死去) 
・職業:医療関係者(研修医か)

花森弘卓の母親は父親同様、医療関係の仕事をしていました。花森弘卓の母親は中国にルーツがあり、極めて美人だったと言います。花森弘卓ら家族は仲が良く、母親と縁のある中国にもよく出かけていました。

父親は地元では有名な整体師で、母親も医療関係の仕事についていました。母親が中国の血を引いていてとても美人で目を引く存在でした。家族はとても仲がよく、夏休みなどに3人で中国へたびたび旅行に行っていた」
出典:週刊文春オンライン

週刊文春などの媒体によれば、花森弘卓の母親も数年前にこの世を去ってしまいました。花森弘卓は琉球大学に通っていましたが、両親が無くなったためやむを得ず、静岡大学に転入したと言います。

花森弘卓の母親についても、名称や顔写真に関しては現状公開されていません。一般論として、息子は母親に似ると言いますので、花森弘卓を女性化することで母親の再現を試みました。

hanamorihirotaka hahaoya wakaikoro

花森弘卓から推定した花森弘卓の母親は確かに可愛らしいです。かつてシャンプーのCMでアジアンビューティーの名を欲しいままにした「チャンチィー」に少し似ています。
しかし、花森弘卓の知人は花森弘卓の母親を「目を引く美人」と表現していました。 花森弘卓の母親はカワイイ顔というより目鼻立ちのスッキリした美人が適当と考えらえます。

そこで、さきほど示した花森研究所の関係者を調べていくと、花森弘卓の母親と思わせるような美しい女性の画像が見つかりました。花森弘卓の母親についても確定情報ではないため、モザイクをかけて掲載いたします。

hanamorihirotaka hahaoyanokao

花森弘卓の母親の可能性がある女性は「目鼻立ちがはっきりした美人」。特に大きな目に力強さが宿っており、「とても美人」という表現がしっくりきます。 花森弘卓の母親と思しき女性は、加賀まりこをさらに濃く、すこしゴツくしたような印象です。

kagamariko

花森弘卓は特に母親の死にショックを受けていました。関係者から寄せられたタレコミにによると、美人の母親が自慢だったとのようです。

(花森弘卓の)事件にとても驚いています。お母さんは弘卓くんのことを溺愛していて、自慢の息子と言っていました。弘卓くんもお母さんのことが大好きだったと思います。それだけに、母親が亡くなったあとの弘卓くんはとてもショックを受けていた様子でした。やったことはとても許されることではないですが、あんなことするほど思いつめてたんじゃないかと思います。

優しい父親、そして美人の母親。大切な家族を若くして失った花森弘卓のショックたるや計り知れません。最愛の家族、とくに自慢の母親の死が、花森弘卓の心に大きな傷を残したことは想像に難くないでしょう。

※追記
花森弘卓を溺愛していた花森弘卓の母親でしたが、一度だけ花森弘卓に暴力を振るわれたところを周辺住民に目撃されています。週刊文春の記事によれば、花森弘卓が高校生だったころ、花森弘卓が母親に道路で馬乗りになっていたとのことです。

家の前の道路の真ん中で花森がお母さんに馬乗りになって首元を掴んでいるのを目撃したんです。今にもお母さんを殴りそうな雰囲気が衝撃的で、今でも鮮明に覚えています。

出典:週刊文春オンライン

花森弘卓は高校生当時、「クマ」というあだ名を持つほどの巨漢でした。母親と言えど、花森弘卓に馬乗りにされたのは相当苦しかったことでしょう。花森弘卓と母親の間には、溺愛以上の何かがまだ隠れていると考えられます。花森弘卓と母親についてさらに詳しい情報が分かり次第、追記いたします。

花森弘卓の叔父「両親の死後、面倒を見ていた」

花森弘卓の両親が亡くなったあと、花森弘卓は家族がいなくなり独りぼっちになってしまいました。 孤独な花森弘卓に対して家族として寄り添ったのが、花森弘卓の叔父です。

<花森弘卓の叔父> 
・氏名:花森?
・年齢:不詳 
・職業:不詳

花森弘卓の叔父は、両親がいなくなった花森弘卓の家族として、後見人になりました。文春の記事によれば、花森弘卓の叔父は月に一回ほど花森弘卓の家を訪れていたと言います。しかし、花森弘卓と叔父は良い関係は築けなかったようです。

月1回くらいは弘卓の家へ様子を見に行っていたみたいですが、もう少し深い関係が作れていればこんな事件を起こさなかったのかもしれません……

出典:週刊文春オンライン

花森弘卓の叔父の顔写真や職業などは現在調査中です。新たな情報が得られ次第、追記したいと思います。

花森弘卓の生い立ち「昆虫大好き坊ちゃん」オタ芸炸裂も大学時代はイケメン!

花森弘卓のインスタ特定「スポーツ好きの根暗男」怒りの炎がバッハにも飛び火

両親の死因に毒殺説浮上「中国だけにヤバい」

花森弘卓は今回、硫酸を使って後輩の顔を潰しにかかりました。あまりに残忍な犯行と家族の早世も相まって、花森弘卓の父親や母親が毒殺されたのではないか、との声が挙がっています。

・両親何の病死だろ。毒殺ちゃうよな?
・両親も早く死んでいるが、こいつが毒物を使った犯行の可能性もあるよね

しかし報道によれば、花森弘卓の父親は病死と明言されています。また、花森弘卓の母親も、花森弘卓が沖縄の大学に行っている間になくなっています。ましてや花森弘卓の母親は花森弘卓にとって、残された最愛の家族です。花森弘卓が家族にまで手をかけて殺害した、との説はあまりにも無理があります。

花森弘卓が指名手配される前まで数日間、硫酸をかけた犯人は闇に包まれていました。その間ネットでは、「暴力団に雇われたハンターだ!」「CIAの関係者だ!」など、犯人に関する根も葉もない噂が流れています。結局犯人は冴えない大学生の花森弘卓だったわけで、今思えば滅茶苦茶な推理です。

また、花森弘卓の母親が中国の血を引いていたこともあり、「中国だからヤバイ」といった論調も多く聞かれます。

メンタルは中国要素あるな
。二世じゃそんな変わらん
。普通の日本人は硫酸なんて顔にかけようって思わないだろ
アシッドアタックって日本じゃほとんどないけど中国だと割とポピュラーだしな
発想からして文化的な犯罪傾向はあるだろな

確かに日本では、花森弘卓の母親ら家族と関係が深い中国に対する印象が良くありません。また2010年には、中国人の被告が裁判中に判事に硫酸を浴びせかけるという事件も起きています。

広西チワン族自治区でローン返済をめぐる裁判中に、被告の男女2人が突然、6人の判事に硫酸を浴びせかけ、判事2人が重傷を負う事件が起こった。被告の2人はカップル同士と報じられている。裁判長ともう1人の判事が3度の熱傷を負った。2人とも失明の危険もあるという。

出典:AFP BBニュース

しかし、中国人による事件や一般的なイメージで、花森弘卓や花森弘卓の母親をはじめとする家族と中国を結び付けるのは短絡的と言わざるを得ません。人種差別の助長にもなりうる行為で許される内容ではないでしょう。

花森弘卓は犯行動機など、事件の詳細を未だ語らずにいます。花森弘卓の父親や母親は亡くなったとはいえ、地元の名士だった花森家には関係者が大勢いるはずです。花森弘卓家族関係者に余計な風評被害が及ばないよう、花森弘卓にはいち早く真実を語ってほしいと思います。

花森弘卓の生い立ち「昆虫大好き坊ちゃん」オタ芸炸裂も大学時代はイケメン!

花森弘卓のインスタ特定「スポーツ好きの根暗男」怒りの炎がバッハにも飛び火

花森弘卓の犯行動機「カブトムシみたいなデブ」昆虫映画も否定されブチギレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました