佐藤優作元カノの名前はリナ「フラれた腹いせに嫌がらせ」友人がTwitterに怒りの投稿

江戸川区男性刺殺事件

東京都江戸川区のアパートで、佐藤優作(さとうゆうさく)さんが19歳少女に刺されその後死亡しました。佐藤優作さんの元カノである犯人の名前や顔画像が注目されています。

この記事では、佐藤勇作さんの元カノの名前や素性を詳しく見ていきます。

佐藤優作元カノはリナ「佐藤さんの優しさに甘えていた」

佐藤優作さんの元カノに関しての情報を探っていくと、ネット上で興味深い投稿が見つかりました。元カノに関する情報発信源は、佐藤優作さんの知人と見られる方です。あくまで個人のtwitter投稿なので取り扱い注意ですが、元カノ情報として有力と判断し掲載いたします。

(前略)
俺(佐藤優作さん)が頑張ればいいんだからって。許せないし悔しい。さく(佐藤優作さん)は帰ってこないしもう話すこともできないし、会うことも出来ないし感謝も伝えられないし。
今まで”りな”の話を聞いてきたからこそ、逃げたい一心で〇したって本当何言ってるかわからない。さっさと出てけばよかったのにさくの優しさに甘えて。許せないよ普通に

投稿主は佐藤優作さんの知人であると同時に、佐藤優作さんの元カノともつながりある人物のようです。 ”リナ”という人物が佐藤優作さんを刺した犯人と読み取れるので、「リナ」が佐藤優作さんの元彼女とみて間違いないでしょう。

文面を読む限りでは、佐藤優作さんと別れた彼女が、元カノになっても佐藤優作さんの家から離れなかったようです。未成年の少女である元カノ(19)を家に置いてあげる佐藤優作さんの優しさや男気を感じます。

実際、別のtwitter投稿でも、佐藤優作さんが元カノのリナを家に置いてあげていた、とコメントする方がいました。「優しさを作る」という名前が示すように、佐藤優作さんの男気は本物のようです。

その方(佐藤優作さん)は、少女(元カノ)がまだ未成年だから追い出すのは可哀そうだと別れた後も家に置いていたんですよ。少女が虚偽の申告をしている可能性もあるのにイメージだけで語るのは滑稽ですよ。

Twitter投稿主のように、「刺された佐藤優作さんが悪で、犯人の元カノが善」とする風潮は本当によくありません。犯人である元カノは未成年な上、「死人(佐藤さん)に口なし」で言いたい放題でしょう。警察が正しく捜査を進めるてくれることを願わずにはいられません。

佐藤優作さんは犯人の元カノから嫌がらせを受けていた

佐藤優作さんの厚意に甘えて江戸川区のアパートにとどまることになった元カノ。元カノのリナは佐藤優作さんと別れた腹いせか、佐藤優作さんに嫌がらせの数々を仕掛けたていたとのことです。 元カノのリナ(里菜)と優作さんとのやりとりに関するTwitter投稿を掲載します。

優作こそ生き地獄だったと思います。彼女作りたいけどあいつ(元カノが)家にいるから女の子連れてくることも出来ないっていってて。
お気に入りだったズボンも里奈(元カノ)に漂白剤やられて色抜けたり、飲んでるジュースにタバコ入れられたりして本当にふまんだらけだったらしく
(後略)

ズボンを勝手に漂白したり、ジュースに煙草を入れる。Twitterの投稿主が”らしく”と言っているので本当かどうか注意してみる必要がありますが、少なくとも佐藤優作さんの元カノが嫌がらせをしていたことは間違いないでしょう。

別記事でも記載したとおり、佐藤優作さんはイケメンで非常に交友関係が広いです。19歳でまだまだ未熟な佐藤優作さんの元カノは、一度フラれた佐藤優作さんへの想いや怒りが断ち切れず、嫌がらせに及んだ可能性があります。

ネット上の質問箱でも、男性に振られた19歳少女が、元彼にどうしても嫌がらせしてしまう、という相談が寄せられています。佐藤優作さんの元カノ19歳も、青森から出てきて身寄りがない中、精神的に非常に不安定な状況だったと考えられます。

元彼への嫌がらせ。自分で自分が止められません。
19歳の女です。
普通のカップルだと思って付き合っていたのに、実は彼氏には彼女がいて、最初から嘘をつかれ続け、
自分が浮気相手だったということがありました。
(中略)

そしてもう一つの人格が現れたかのように、電話をかけて何も喋らなかったり、困らせるようなことをしてしまいます。いつもあとで後悔するんですが、止められません。しまいに家や職場を狙って手が出そうで怖いです。

家や職場を襲撃するかもしれない。元カノの抑圧された悲しみと怒りのエネルギーは恐ろしいですね。インターネットに投稿した19歳少女は幸いにも、周囲のアドバイスで頭を冷やし、犯人とならずに事なきを得たようです。

一方、佐藤優作さんの元カノは結局、佐藤優作さんに手をかけてしまいました。元カノ(名前:リナ)に嫌なことがあったとしても、家を出るなど手段はいくらでもあったはずです。19歳の少女とはいえ2022年4月からは成年扱いされる人間としてはあまりに未熟と言わざるを得ません。

「逃げたい一心で〇した」

佐藤優作さんの元カノが逃げたかったのは佐藤優作さんからではなく、「大好きな佐藤優作さんに振られた悲しみと怒りに耐えられない日々」 だったのではないでしょうか。

佐藤優作元カノの顔画像がネットに流出か

精神の未熟さを露呈して佐藤優作さんに手をかけた元カノのリナ。元カノ香菜の顔画像が気になるところです。佐藤優作さんのインスタグラムには、元カノと見られる女性は投稿されていませんでした。

一方、佐藤優作さんのインスタフォロワー約2000人の中には、「リナ」という女性が複数登録されています。元カノである確証がある程度得られた段階で掲載したいと思いますが、 元カノ候補となる女性にはいわゆる「ギャル系」と共に、清楚そうなイメージの人もいます。

元彼への想いを断ち切れず陰湿な復讐に手を染めた女性としては、歯科医師の横路万里奈容疑者(27)が有名です。

satouyusaku motokano1

横路万里奈は2013年、インターネットの復讐サイトを通じて知り合った男(43)に、元交際相手へのストーカーを依頼する見返りに、男の元カノ関係者に「ゴキブリの死体」が入った手紙などを送りつけた罪で逮捕されました。

本事件は「元カノ/カレへの交換ストーカー」として大きく世間の注目を浴び、横路万里奈に復讐を依頼した複数の人物が逮捕される大事件になりました。その中の一人が石井絢香容疑者(当時23)です。

satouyusaku motokano2

石井絢香は横路容疑者に依頼し、以前同居していた元カレの大学院生(25)に対し「ミライ本部」と名乗る嫌がらせの手紙を送りつけていました。大学院生は、嫌がらせの犯人が元カノとは全く思っていなかったとのことです。

男性の元カノへの恨みも恐ろしいですが、女性の恨みは時に陰湿化することがあり非常に危険です。佐藤優作さんの元カノが自分の衝動を、「ゴキブリ」や「不幸の手紙」レベルで抑えられなかったものか。佐藤優作さんが命を落としてしまったことが非常に悔やまれます。

犯人である佐藤優作さんの元カノが横路万里奈のような清楚系なのか、 石井絢香のようなチンピラギャル系なのか。佐藤優作さん元カノ顔画像を特定出来次第、追記したいと思います。

佐藤優作のインスタ特定「いつか嫁さんと歩きたい」心優しきイケメン

追記:佐藤優作元カノの薬物LINE流出「甘く考えてる」

佐藤優作さんインスタ記事でも触れたように、犯人である佐藤優作さんの元カノは薬物に手を出していたとの情報がありました。 その後、佐藤優作さんの知人と思われる人物から、証拠となるLINEが発信されました。

佐藤優作さんと元カノに関する余りにも個人的な内容なため掲載を迷いましたが、「佐藤優作さんが悪者。犯人(元カノ)が可哀そう」という世間の風があまりにも強いため、掲載させていただきます。

<流出LINEの該当箇所抜粋(一部、管理人が補足追記)>
佐藤優作さんと思われる男性:
「(元カノが)10日間くらいしても帰ってこなかったからバクられたと思ってっていわれたからド〇ッグの話してた」
(やめればいいのに、という声に対し)
「やめるとは言ったけどどうだか。あとここまで言ってもしパクられたら追い出すって言った 笑」
「パクられても1回目は20日くらいで出てこれるから甘く考えてる」
「まじ東京に居ないほうがいいなあの子」

人生の先輩である佐藤優作さんが元カノ(犯人)を想い、「次やったら追い出す(猶予は与える)」「甘く考えないほうがいい」など冷静な発言をしています。犯人である元カノは、佐藤優作さんがここまで自分のことを気にかけてくれていることに気づかなかったのでしょうか。

ご存じの通り、薬物は一度手を出すとなかなか抜け出せず、身も心もボロボロになっていきます。青森から上京した未成年の元カノ(犯人)。都会に来て様々な誘惑もあったのでしょうが、安易に手を出しハマってしまったのならば、元カノに同情の余地はありません。

犯人である元カノが妄想のうちに佐藤優作さんに手をかけてしまったとしたら、事件の展開は大きく変わってきます。警察には慎重な捜査を進めていただき、正しい情報をしっかりと発信してほしいと切に願います。

佐藤優作のインスタ特定「いつか嫁さんと歩きたい」心優しきイケメン

佐藤優作さんtwitter特定「ありがとう。愛してます」感謝絶やさないラガーマン

追記:佐藤優作さん元カノが浮気「好きな人出来たから帰ってくるな」

佐藤優作さんを刺した犯人である元カノ(里奈)に関して、新たな情報が入りしましたので追記いたします。

週刊文春オンラインによれば、犯人である元カノは青森から上京したのち、佐藤優作さん以外のアメリカ人男性を好きになってしまいます。そして、佐藤優作さんを度々家から追いだしていたとのことです。佐藤優作さんの職場関係者が文春に打ち明けた内容を記載いたします。

元カノ(犯人)は『アメリカ人男性と今年2月に渡米する』といいながら、家を出ていかなかった。加えて、仕事で疲れて帰ってきた優作さんに対し、「男(アメリカ人)と電話するから出てって」「家に帰ってこないで」と言ってよく追い出していた。

出典:週刊文春オンライン

元カノ(犯人)が住んでいたアパートの名義は佐藤優作さんのため、本来出ていくべきは犯人である元カノです。わがままにもほどがある元カノの所業に怒りを通り越してあきれてしまいます。しかし、佐藤優作さんは必死に耐えていました。

文春の記事によれば、 佐藤優作さんは未成年で東京に出てきた元カノ(犯人)を心配し、強引に追い出すことができなかったということです。「優作」の名前に恥じない、いやむしろ、名前に囚われてしまったのか、と疑いたくなるくらい優しすぎて涙がこぼれてきます。。。

別記事でも触れていますが、佐藤優作さんはペットや家族を思いやれるとても優しい男です。イケメンでチャラそうに見えますが、人望もあります。佐藤優作さんの人生が犯人にメチャクチャにされてしまったことに大きな怒りを感じざるを得ません。

佐藤優作のインスタ特定「いつか嫁さんと歩きたい」心優しきイケメン

佐藤優作さんtwitter特定「ありがとう。愛してます」感謝絶やさないラガーマン

追記:佐藤優作さんと元カノのマンションはエアフォルク

佐藤優作さんと犯人である元カノが住んでいたマンションの写真が、週刊文春オンラインでモザイク付きで掲載されました。報道された住所から、佐藤優作さんと元カノは東京都江戸川区篠崎1丁目の「エアフォルク」というマンションに住んでいることが判明しました。

satouyuusakumotokano mannsyonn

佐藤優作さんと元カノが住んでいたマンションの家賃はワンルームで7.3万円です。佐藤優作さんを刺した犯人である元カノはコールセンターで仕事していたものの稼ぎは少なく、クラブ通いもしていました。このため家賃は元カノではなく、佐藤優作さんがほとんど払っていました。

佐藤優作さんと元カノは、ご覧の通りワンルームマンションに住んでいました。未成年で心配だからという理由で元カノとの同居を選んだ佐藤優作さん。間取りを見ても佐藤優作さんが元カノから逃げする場所はほぼ無く、知人に「家に帰りたくない」とこぼしたのも頷けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました