行歩寿希のインスタ顔画像「加工で美人化」証拠隠滅で画像消しまくりか

大阪幼児虐待死

新村おりとちゃんをクッションで暴行したとして、母親の行歩寿希(ぎょうぶじゅき)容疑者が逮捕されました。行歩寿希(新村寿希)が、おりとちゃんとの写真を載せていたインスタが話題になっています。

この記事では、行歩寿希(ぎょうぶじゅき)のインスタや顔画像を詳しく見ていきます。

行歩寿希のインスタ特定

行歩寿希のインスタを発掘すべく、手始めに「行歩寿希」でインスタグラムの検索をかけていきます。その結果、行歩寿希名義のInstagramは1件も登録されていませんでした。行歩寿希という名前は姓名ともに非常に珍しく、行歩寿希のインスタ登録が無い時点で、行歩寿希容疑者は本名でのインスタアカウントは持っていなかったと考えられます。

続いて、行歩寿希のかな表記である「ぎょうぶじゅき」あるいは「ギョウブジュキ」でInstagramのアカウントを探っていきます。「ぎょうぶじゅき」あるいは「ギョウブジュキ」いずれのインスタ検索でも、Instagramのアカウントはヒットしません。

行歩寿希容疑者は結婚後、「新村寿希(にいむらじゅき)」という名前に変わっています。そこで、新村寿希、にいむらじゅき、「ニイムラジュキ」で徹底してインスタ検索を行います。しかし、新村寿希、にいむらじゅき、さらには「ニイムラジュキ」いずれでもインスタグラムはヒットしません。

行歩寿希は折戸ちゃん熱湯事件からしばらくたってから逮捕されたため、インスタグラムのアカウントを消した、あるいは、インスタアカウントはあるが写真を消去した可能性が考えられます。しかし、facebookでは行歩寿希、新村寿希いずれもアカウントは残っていました。

行歩寿希に関してもinstagramのアカウントはまだあるはずと考え、「行歩」「寿希」「ぎょうぶ」「じゅき」「gyobu」「zyuki」などあらゆる方面からインスタアカウントを探索していきます。その結果1件、行歩寿希のInstagramと思しきアカウントが見つかりました。

gyobuzyuki instagram

行歩寿希容疑者と思しきインスタグラムの登録名は「zyuki」。Instagramのアイキャッチには顔画像などはなく非常に寂しい印象です。犯罪者にありがちですが、インスタグラムのフォロワーもゼロです。

行歩寿希容疑者と思しきインスタグラムには過去に撮影されたと思しき乳児や幼児の写真のみが残されていました。Instagramに投稿された子供の写真は一瞬、「亡くなった新村おりとちゃんか?」と思うほど良く似ています。息子は母親によく似ると言われること、投稿時期が5年以上前であることから行歩寿希容疑者の子供の頃の写真ではないかと推察されます。

行歩寿希のインスタと確定していないためモザイクをかけて掲載いたします。

gyobuzyuki instagram2

報道によれば、行歩寿希容疑者のインスタグラムには新村おりとちゃんの写真なども投稿されていたはずです。Instagramにも虐待を匂わせる写真があったので、行歩寿希は最近のインスタ投稿を急いで消し去ったと考えられます。一方、行歩寿希はfacebookやtwitterといったSNSアカウント自体はすべて残しています。インスタもアカウント自体は消さ(せ)なかったのでしょう。

行歩寿希、あるいは新村寿希のインスタに関してはまだまだ眠れるアカウントがある可能性があります。行歩寿希、あるいは新村寿希のInstagramに関しては引き続き、調査を継続していきたいと思います。

行歩寿希の顔画像「顔加工で美人化」

行歩寿希の最近の顔画像はインスタから消え去っていました。一方、行歩寿希(ぎょうぶじゅき)の顔画像に関しては、マスク無しの顔画像が様々なメディアが取り上げられています。以下に代表的な行歩寿希の顔画像を掲載いたします。

gyobuzyuki instagram kao

左上の顔画像は、行歩寿希(ぎょうぶじゅき)容疑者と新村おりとちゃんが出かけた時に撮影された顔写真です。行歩寿希容疑者は歯を見せて笑顔を浮かべています。行歩寿希容疑者の顔画像の特徴は口や鼻が大きく眼が小さめで、小魚のような印象です。出かけている時に不意に撮影された写真で行歩寿希容疑者の素に近い顔が増と考えられます。

また、行歩寿希の左下の顔画像は、笑顔もなくきょとんとした印象です。左のほうには新村おりとちゃんが写っていて、新村寿希として比較的最近自宅で撮影されたものと考えられます。行歩寿希容疑者はばっちりメイクを決めていますが、左上の顔画像と大きく印象は変わりません。

一方、右側に大きく示した行歩寿希の顔写真はなかなかの美人さんです。行歩寿希の眼はキラキラとしており、あごもちいさく、鼻筋もきれいに通っています。左側の行歩寿希顔画像と比較すると一目瞭然ですが、行歩寿希の鼻やアゴ、そして眼などが明らかに加工されています。元AKBの女優である川栄李奈に雰囲気が似ています。

行歩寿希(ぎょうぶじゅき)容疑者と松原拓海は出会い系アプリで知り合いました。行歩寿希はおそらく、顔写真(右側)を見せることで男性を釣り上げていたことでしょう。松原拓海も行歩寿希容疑者の美人顔画像につられてしまったことは間違いありません。

行歩寿希(新村寿希)容疑者に関しては引き続きインスタなどの調査を進め、新たな顔画像が見つかり次第、順次掲載していきたいと思います。

行歩寿希は男の言いなり「とにかく男が一番」

再審の報道によれば、松原拓海の携帯電話からは新村おりとちゃんが虐待される映像が10点以上見つかったと言います。行歩寿希は松原拓海に虐待される新村おりとちゃんを見て笑っていたとのことです。我が子が目の前で虐待されるのを容認していた行歩寿希。行歩寿希の友人によれば、昔から男に従順だったとの情報が入っています。

寿希はとにかく男が『やれ』と言えば、何でもやってしまうような性格。男ができれば友達を遊びに誘うこともなくなりますし、とにかく男が一番。たとえ愛する我が子であっても、男がやるのであれば虐待を止めない姿は容易に想像がつきます。
出典:週刊文春オンライン

また、行歩寿希(新村寿希)が おりとちゃんの父親と別れた原因も、行歩寿希(新村寿希)の浮気だったと言います。週刊文春オンラインによれば、新村寿希は おりとちゃんの父親と結婚した当初、周囲にのろけまくっていたとのことです。行歩寿希は色々な男に次々なびいてしまう性格なのでしょう。

新村おりとちゃんの事件が発覚した当初、行歩寿希はインスタでおりとちゃんの誕生意を祝うなど「虐待で子供を失った不幸な母親」のイメージが先行していました。しかし実際には、松原拓海ともに子供を虐待するどうしようもない母親でした。実の母親である行歩寿希(新村寿希)に見捨てられ、虐待され続けた新村おりとちゃんを思うと胸が締め付けられます。

新村おりとちゃんに対する松原拓海と行歩寿希の所業に関しては到底許されるものではありません。行歩寿希らのインスタ調査を含め、新たな情報が得られ次第追記してまいりたいと思います。

松原拓海のfacebook特定「根っからの嘘つき」詐欺とクスリの前科

松原拓海の生い立ち判明「親からの虐待で不登校」高校では超スパルタ教育

追記:行歩寿希はおりとちゃんとのインスタ写真削除か

行歩寿希のインスタですが、週刊文春が一部の写真を公開しました。 行歩寿希のインスタグラムに投稿された写真には、在りし日の新村おりとちゃんがかわいく写っています。インスタグラムのメッセージ欄には、「元気いっぱいあそんでくれた」 「桜利斗3さいおめでとう(ハート)」など、行歩寿希からの愛に溢れたメッセージがたくさん散りばめられていました。

gyoubuzyuki instagram

こんなにかわいい桜利斗ちゃんがなぜ虐待されなければならなかったのか?まだあどけない表情の新村おりとちゃんを見ると、行歩寿希や松原拓海への怒りと共に、自然と涙がこみ上げてきます。。。このようなことを言っても仕方ありませんが、松原拓海らにも熱湯を浴びせて新村おりとちゃんの苦しみを味合わせてやりたいくらいです。

なお、行歩寿希のインスタアカウントやInstagramのアイキャッチはモザイクで隠されていました。行歩寿希のインスタグラムに投稿されたハッシュタグなどを頼りに、行歩寿希のInstagram特定を試みましたが、予想通り全くヒットしません。 「行歩寿希のインスタ特定」のセクションで触れましたように、行歩寿希はインスタの写真を削除したか見られないようにしてる可能性が高いです。せめてインスタグラムの中でだけでも、おりとちゃんには沢山笑っていて欲しい。。。そう思わずにはいられません。

行歩寿希(新村寿希)のインスタグラムに関しましては引き続き調査を続けてまいりたいと思います。

追記:行歩寿希は桜利斗ちゃんをサンドバックに

行歩寿希(新村寿希)のインスタ調査をする過程で、桜利斗ちゃんに対する行歩寿希のヒドイ仕打ちに関する情報が見つかりました。行歩寿希への怒りも込めて追記したいと思います。

行歩寿希は以前から「桜利斗が邪魔や。1万円で買ってほしい」など暴言を吐いていました。さらに行歩寿希は、桜利斗ちゃんがつねられたり、蹴られたりして「痛い!」「嫌や!」と訴えても、「黙れ!」「そんなの痛くないだろ!」などと罵っていたと言います。極めつけは、行歩寿希が友人に放った言葉です。

八つ当たるところがおりちゃんしかない
出典:FNNプライムオンライン

行歩寿希が前夫(桜利斗ちゃんの父親)と別れたのは、行歩寿希の浮気が原因です。自分で蒔いた種で別れておきながら、母親である行歩寿希だけが頼りの桜利斗ちゃんを「ストレスのはけ口=サンドバックがわり」にしていた行歩寿希はとんでもない母親です。

またネットの掲示板情報になりますが、行歩寿希には借金があったと言います。

行歩寿希が新村苗字から変更したかったのはそもそもの理由が借金だからね

お金に困っていた行歩寿希は桜利斗ちゃんが亡くなった後も、「桜利斗が〇んだせいで生活保護費、全然もらわれへんかって」と友人にこぼしていたといいます。子どもより男。子どもよりお金。インスタでの仲睦まじい様子は何だったのでしょうか?

行歩寿希の虐待の実態については今後さらに明らかになるはずです。行歩寿希のインスタ含め、引き続き調査を続け追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました