大沢良のfacebook特定「美人姉妹の子煩悩パパ」学生に懐かれ勘違いか

わいせつ教師

筑波大学内で強制わいせつをしたとして、教授の大澤良(おおさわりょう)容疑者が逮捕されました。大沢良容疑者のfacebookなど、大澤良の素顔が注目されています。
この記事では、大沢良(おおさわりょう)容疑者のfacebookを特定していきます。

大沢良のfacebook特定「経歴が丸裸」

大沢良容疑者のfacebookを特定するべく、まずは「大沢良」でfacebookを検索していきます。その結果、大沢良名義のフェイスブックアカンウントが1件見つかりました。

見つかったfacebookアカウントを見ると、逮捕された大沢良容疑者とは異なる若い男性のフェイスブックであることが判明しました。大沢良容疑者は、「大沢良」の名義ではfacebookを運営していないと考えられます。

続いて大沢良の沢を旧字に変えた「大澤良」でfacebookを検索していきます。その結果、大澤良名義のfacebookが10件以上見つかりました。大澤良のフェイスブックを1件1件確認していくと、大沢良容疑者のアカウントを特定しました。

oosawaryou facebook

大沢良容疑者のfacebookアカウント表紙です。大澤良容疑者のフェイスブック背景画像には何も写真が設定されていません。一方、facebookのアイキャッチには男性の顔画像が掲載されています。報道された大沢良容疑者に比べて痩せていますが、フォルムや眼鏡から大沢良容疑者と判断できます。

大澤良名義のfacebook自己紹介です。出身校には大沢良容疑者が現在籍を置く「筑波大学」の文字があります。大澤良の出身高校は都立高校の雄である「都立西高校」で、東京農工大学にも在籍していたと書かれています。大沢良の経歴が丸裸です。

oosawaryounofacebook

報道された大沢良容疑者の顔画像とfacebookの顔画像が一致し、大学も同じであるため、大沢良容疑者のfacebookで確定です。大沢良容疑者は他にもアカウントを持っている可能性があるため、現在調査中です。新たな情報が得られ次第追記したいと思います。

大沢良は子煩悩パパ「美人姉妹をfacebookにアップ」

大沢良容疑者のfacebookには数えるほどの写真しか投稿されていません。しかし、大沢良容疑者のフェイスブックでひときわ目を引くのが娘さんたちとの写真です。大澤良容疑者の娘は事件と直接関係ないため、facebookの写真にはモザイクをかけて掲載いたします。

oosawaryou musume

facebookに投稿された大澤良容疑者の娘はいずれも美人です。大澤良容疑者に全然似ておらず、まさに「美女と野獣な」というワードがピッタリでしょう。大沢良容疑者の奥様も美人と言われていますので、大澤良容疑者の娘さんは大沢良容疑者の奥様似と思われます。

特にお姉さんのほうは女子アナのような美人で、ひと昔前の多部未華子と女子アナウンサーの山崎夕貴を足して2で割ったような印象です。

どうだ。うちの娘は、可愛いだろ!」

facebookに投稿された大沢良容疑者の勝ち誇った顔からはそんな言葉が聞こえてきます。facebookの投稿は2012年。楽しい家族写真から9年後、子煩悩パパが犯罪者パパになるとは奥様も娘さんも夢にも思わなかったことでしょう。

大沢良は面倒見の良い先生 「学生にとても慕われていた」

大沢良容疑者のfacebokを詳しく見ていくと、大沢良がとても面倒見の良い先生だったことを示す情報が見つかりました。facebookには、筑波大学の野菜育成サークルがアップした、大沢良容疑者の愛らしい顔画像が投稿されています。

oosawaryou facebook2
われらがとんぴくりん顧問の大澤先生がひっこぬいて教えてくれました!正解は、二十日大根

植物を前にして微妙な表情を浮かべる大沢良容疑者。フェイスブックに映る大沢良容疑者の顔は変顔といった表現が適切です。変顔をfacebookに投稿しても全く問題ないような関係性を学生たちと築いていたことが伺えます。

大沢良容疑者は植物育種の世界的権威です。大澤良容疑者は「品種改良の日本史」なる本を出版したり、農林水産省や環境省など国の仕事とも関わりを持っています。研究者としては雲の上にいるような存在でありながら、一サークルとも深い関わりを持つ教育熱心な人間ともいえます。

またfacebookの話ではありませんが、大沢良容疑者が「根は良い人だ」との匿名タレコミも寄せられました。やや表現を丸めて掲載させていただきます。

逮捕された大澤教授を知る者です。大澤教授を叩くサイトが多い中、比較的中立な記事だったのでコメントしました。大澤教授は一緒に畑を耕すなどして学生にとても慕われていました。若い女性をそのような目で見ていたのは大変残念ですが、根は良い人だということは知ってほしいと思います。

大変貴重な口コミありがとうございます。大沢良容疑者を擁護したいがためにやや色メガネがかかっている可能性はありますが、 facebook投稿や研究実績を見るに、大沢良容疑者は根っからの変態セクハラオヤジには見えません。

今後、「私もセクハラされていた!」との告発タレコミがある可能性は否定できませんが、現状では大沢良容疑者による被害者は限定的で、魔が差したという見方が正しいのではないかと思います。

大澤良容疑者は学生に懐かれ勘違いか

大沢良容疑者は取り調べに対して、わいせつ容疑を否認する発言をしています。

強制的にわいせつな行為をしたという認識はありません

出典:FNNプライムオンライン
oosawaryou smile face

大沢良容疑者が容疑を否認する様に、ネット上では大沢良教授の顔画像や行為をバッシングするコメントと共に、大澤良容疑者がすべて悪いというのは時期尚早との論調もあります。

・複数回が疑問。合意もあったんじゃないのか。
・以前 無実の人が女子生徒に造られた罪に追い込まれて逮捕されて職も資格も失い 人生初めからやり直す事になった人がいます。
今回のお話の真実はお二人にしかわかりませんが
慎重に報道すべき

教授が痴漢冤罪に遭遇したケースとしては、元防衛医大の教授だった名倉正博さんが有名です。

nagurasann

名倉さんは2006年、小田急線内で女子高生(当時17歳)に痴漢行為を働いたとして逮捕されました。しかし、名倉さんは「痴漢ではない」と断固否定。最高裁まで争われた3年がかりの裁判で、最終的に逆転無罪が成立しました。

名倉さんは裁判後、「他にも犯罪者の汚名を着せられている人がいる。有頂天にはなれない」と渋い表情で語っています。大沢良容疑者の場合、電車でちょっと触ったわけではないため、えん罪というのはさすがに無理があります。

ただ先ほどfacebookで見てきたように、大沢良教授は学生とも仲が良く慕われている先生でした。「強制的ではない」と大澤良容疑者が主張するように、仲が良くなりすぎて女性と相思相愛と勘違いしてしまった可能性も十分考えられます。

大沢良容疑者のわいせつ事件に関しては新たな情報が得られ次第、追記を続けてまいりたいと思います。

追記:大澤良研究室の被害女性「精神疾患持ちか」

大沢良のfacebookに関連して、大澤良のセクハラ被害に遭った女性のTwitterが見つかりました。大澤研究室の博士課程の学生でTwitter名も明かしていますが、名称部分は黒塗りにして掲載いたします。

筑波大学教授(の大沢良)が女子学生に強制わいせつ容疑で逮捕とありますが、その女子生徒にあたるのが○○です。

大沢良のセクハラ告発は、本学生のTwitter暴露も引き金になっています。大澤良のfacebookから娘さんらの画像が拡散していることに少し後ろめたいような投稿もしていましたが、過去投稿をさかのぼると精神疾患を持っていることを示す書き込みが散見されます。

精神科と偏頭痛予防薬と胃薬でもうわからなくなっちゃって間違えた~

大沢良研究室の被害学生がセクハラで精神を病んだのか、はたまた研究に行き詰ったのかは定かではありません。ただ他の投稿を見ると、いわゆる「躁状態」を示すような変なつぶやきもありました。

大沢良教授がどれほど強制的に行為に及んでいたかは調査中ですが、ツイッター投稿を見るに手を出す相手を間違えてしまった可能性もあります。引き続き、facebookを中心に大沢良や周辺人物の情報を収集してまいりたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました